チョット厄介な不動産の相続税

相続や相続税という言葉はよく耳や目にする言葉がですが、特に多いのが遺産相続や生前贈与などがありますね。 其の前に一体、相続とは何かということについてですが,基本的なことは、相続とは特に不動産や金品についての財産関係の全体を引き継ぐことになります。 しかし、其の他にも実は資産の他にも負の資産やその人の地位なども引き継ぐ事になるのです。

さて、この様な相続税に関して直接的な金銭関係のものは問題ないのですが、不動産(土地や建物、山林、原野)の関係は少し厄介です。 其の前に不動産とは文字とおり動かせないもののことですが、金品などは動かせる物ですから動産という事になりますし、言い換えれば不動産以外は動産という事になっているらしいです。

相続税を計算する場合は実は簡単で、資産価値のあるものに対して全て掛かりますが、実は控除という非課税部分があるのです。 其れは一般の相続税の場合は3000万円相当と相続人数と600万円を掛けた分は非課税部分の控除対象となるのです。 この控除額を差し引いた分が相続税の対象になり、其の金額によって税率が決ってきます。

ただ、問題は不動産関係になりますが、其の際、一般的な土地の場合は税金の対象となる評価金額を決めねばなりません。 ネットなどで調べると凡その評価金額というのが明示されていますので、それらを基準に総額が税金の対象になります。 勿論、この際も控除の対象になります。

Posted by souzoku20