相続税とは?相続したら必ず払うの?

2020年2月17日

祖父が逝去し、寝屋川の斎場で葬儀を終えた後、手作業での粉骨をお願いして東京で船の上から海洋散骨してきました。その道中で叔父から相続税について相談を受けました。遺品整理のプロに部屋の中の整理をお願いしたところ、祖父の遺言書が発見されたそうです。

遺産を相続した際に課される相続税。
なんとなくはイメージできるけど具体的な内容を理解している人は少ないのではないでしょうか。
この記事では姫路市で離婚に強いプロの弁護士である私が相続税の基礎知識を解説していきましょう。
これを読めば漠然としていた相続税の不安を解消することができます。

 

相続税についての聞き取り
相続税についての聞き取り

相続税とは

日本の法律である「相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)」に基づき課せられる税金のことを言います。
亡くなった方の遺産を遺言などによって受け継いだ場合にかかる税金です。

相続したら必ず収めるの?

相続税は必ず収めるものではありません。
遺産の総額が基礎控除額と呼ばれる一定の金額以下であれば、相続税は課税されません。
控除額は下記のように法手相続人(相続する人)の人数できまります。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

例えば相続人が子供3人の場合では、相続税の基礎控除は4,800万円です。
もし相続する財産の総額が4,800万円以下であれば税務署に対して相続税申告をしなくてもよくなります。

課税される財産と課税されない財産

ではどのような財産が課税の対象となるのか解説していきます。
主な財産としては以下のとおりです。

相続税の課税対象となる財産
→不動産、金融財産、株式や公社債などの有価証券、預貯金、現金

相続税が課税されない財産
→墓地・墓石・仏壇・仏具等、死亡保険金・死亡退職金(ただし上限あり)、相続人が寄付した相続財産

まとめ

相続税について説明しました。
相続税は遺産を遺言などによって受け継いだ場合にかかる税金です。
かならず支払う必要があるわけではなく基礎控除額を超えた際に課税されます。
課税対象になる財産とならない財産があるため注意が必要です。

 

PR|健康マニアによる無病ライフマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジエステサロンを上手に利用する情報サイトAGAお悩み相談.com美容と健康女性ランキング注文住宅のための用語集カウンセリングのお悩み解決サイトマーケティング経営研究.net

Posted by souzoku20